な!ナガオカ

「長岡」に関する記事

日本酒だけじゃない!新潟の美味が詰まった「銘品の館ぽんしゅ館」長岡にオ...

日本酒だけじゃない!新潟の美味が詰まった「銘...

1995年に越後湯沢駅、2013年に新潟駅に開店して以来、駅構内で、しかもワンコイン(500円)で新潟県の地酒の飲み比べができると人気の施設「ぽんし...

1995年に越後湯沢駅、2013年に新潟駅に開店して以来、駅構内で、しかもワンコイン(5...

2017.11.05

続きを読む

「打ち上げ、開始でございまーす!」──知れば楽しさ倍増、長岡花火の“七不思議”

「打ち上げ、開始でございまーす!」──知れば楽...

毎年8月2日と3日に新潟県長岡市で開催されている長岡まつり大花火大会。大迫力のスペクタクルと共に、「打ち上げ、開始でございまーす!」という、...

毎年8月2日と3日に新潟県長岡市で開催されている長岡まつり大花火大会。大迫力のスペ...

2017.10.22

続きを読む

鍛治職人に1日弟子入り!自分だけのナイフを作れる与板の工房体験に参加して...

鍛治職人に1日弟子入り!自分だけのナイフを作れ...

新潟県長岡市にある与板町は、戦国時代より打刃物業が栄える場所。今でも、ノミやカンナなど打刃物の総生産量は日本一を誇ります。国の伝統工芸品...

新潟県長岡市にある与板町は、戦国時代より打刃物業が栄える場所。今でも、ノミやカ...

2017.10.14

続きを読む

受け継がれてきたものが消える前に。山古志を舞台にした映画「ReDiscovering...

受け継がれてきたものが消える前に。山古志を舞...

日本各地の風景や暮らしを収めたショートムービーが、国内だけでなく海外からも高い評価を受けている映像制作会社「augment5 Inc.(オーギュメント...

日本各地の風景や暮らしを収めたショートムービーが、国内だけでなく海外からも高い...

2017.10.06

続きを読む

ふるさとの味「かぐら南蛮」を未来へ——“種を継ぐ人”の教え(後編)

ふるさとの味「かぐら南蛮」を未来へ——“種を継ぐ...

新潟県長岡市、山古志の地で、独自の進化を遂げた「かぐら南蛮」。種を守り続けてきた「山古志かぐらなんばん保存会」の会長・青木幸七さんを訪ね...

新潟県長岡市、山古志の地で、独自の進化を遂げた「かぐら南蛮」。種を守り続けてき...

2017.10.03

続きを読む

ふるさとの味「かぐら南蛮」を未来へ——“種を継ぐ人”の教え(前編)

ふるさとの味「かぐら南蛮」を未来へ——“種を継ぐ...

新潟県長岡市の街中から車を30分ほど走らせるとたどり着く、山古志地区。美しい棚田が広がる山に囲まれ、冬には数メートルの雪が積もる豪雪地では...

新潟県長岡市の街中から車を30分ほど走らせるとたどり着く、山古志地区。美しい棚田...

2017.09.29

続きを読む

背脂ガッツリ!中毒者続出のラーメン店「安福亭」の魅力に迫る

背脂ガッツリ!中毒者続出のラーメン店「安福亭...

煮干の利いた濃いめの醤油スープ。それを覆い隠すほど大量に入れられた背脂、太い麺……。 新潟県には「燕三条系」と呼ばれるラーメンがある。出前の...

煮干の利いた濃いめの醤油スープ。それを覆い隠すほど大量に入れられた背脂、太い麺…...

2017.09.21

続きを読む

酒蔵の母と娘。175年の伝統を未来につないでゆく、ある親子の物語

酒蔵の母と娘。175年の伝統を未来につないでゆく...

澄んだ水と空気、豊かな土壌で育まれた16の酒蔵を誇る酒どころ、新潟県長岡市。とりわけユニークな醸造の町「摂田屋」にある長谷川酒造は、江戸時...

澄んだ水と空気、豊かな土壌で育まれた16の酒蔵を誇る酒どころ、新潟県長岡市。とり...

2017.09.11

続きを読む

アメリカの高校生たちが過ごした長岡の夏。花火や踊りに感じた「日本の心」とは

アメリカの高校生たちが過ごした長岡の夏。花火...

日本から1万km以上離れたアメリカ・テキサス州フォートワース市。1992年から毎年、夏になるとこの地からたくさんの高校生たちが新潟県長岡市にやっ...

日本から1万km以上離れたアメリカ・テキサス州フォートワース市。1992年から毎年、夏...

2017.09.05

続きを読む

紙の防災グッズが大活躍! アイデアと課題解決力で世界を驚かす “地方企業の...

紙の防災グッズが大活躍! アイデアと課題解決力...

地震に台風、大雨に洪水など、このところ災害続き。こうした天災は、いつ私たちの身に降りかかってもおかしくありません。折しも、今日9月1日は「...

地震に台風、大雨に洪水など、このところ災害続き。こうした天災は、いつ私たちの身...

2017.09.01

続きを読む

映画人として、語ることがある――大林宣彦監督に聞いた長岡花火、そして戦争...

映画人として、語ることがある――大林宣彦監督に...

いまや日本有数の花火大会として全国から約100万人が集まる、新潟県長岡市の「長岡花火」を題材に、2012年に公開された映画「この空の花―長岡花火...

いまや日本有数の花火大会として全国から約100万人が集まる、新潟県長岡市の「長岡花...

2017.08.29

続きを読む

甲子園常連・中越高校のOBが語る「野球が私にくれたもの」

甲子園常連・中越高校のOBが語る「野球が私にく...

今年も熱戦が繰り広げられた「夏の甲子園」こと全国高校野球選手権大会。そこに新潟県代表として出場すること10回を数え、新潟県内最多の出場...

今年も熱戦が繰り広げられた「夏の甲子園」こと全国高校野球選手権大会。そこに...

2017.08.17

続きを読む

即身仏に伝説の妖怪、果てはドクロにアフリカの秘宝まで。新潟「ミイラ寺」紀行

即身仏に伝説の妖怪、果てはドクロにアフリカの...

即身仏という言葉をご存じだろうか。「その身、そのままにして(即)仏になる」と書いて即身仏。生きながらにして自分の身を言わばミイラ化させた...

即身仏という言葉をご存じだろうか。「その身、そのままにして(即)仏になる」と書...

2017.08.11

続きを読む

長岡でカブトムシを採ろう!自然遊びのプロに学ぶ採集方法&おすすめスポット

長岡でカブトムシを採ろう!自然遊びのプロに学...

夏の楽しみといえば、お祭り、花火、海水浴、キャンプ、そして男の子に人気の昆虫採集。木陰が涼しい森や山に出かけ、親子で虫採りを楽しんでいる...

夏の楽しみといえば、お祭り、花火、海水浴、キャンプ、そして男の子に人気の昆虫採...

2017.08.08

続きを読む

11歳、15歳、17歳。72年前の少女たちが語る、長岡空襲の一夜

11歳、15歳、17歳。72年前の少女たちが語る、長...

今年も、暑い夏がやってきました。長岡市では、8月2日3日の長岡まつり大花火大会にむけて町が賑わうなか、長岡が空襲を受けた日である8月1日を「長...

今年も、暑い夏がやってきました。長岡市では、8月2日3日の長岡まつり大花火大会にむ...

2017.08.01

続きを読む

The feeling of peace that Nagaoka City has to offer: Interview with a f...

The feeling of peace that Nagaoka City has to...

これは海外向けに、過去に公開した記事、長岡市が発信する平和への想いとは――ホノルルを訪問した女子学生インタビューを英語訳したものです。 &nbs...

これは海外向けに、過去に公開した記事、長岡市が発信する平和への想いとは――ホノル...

2017.07.31

続きを読む

130年以上続く「長岡花火」の継承者が見据える、伝統の先の未来

130年以上続く「長岡花火」の継承者が見据える、...

今年もまた花火の季節がやってきます。新潟県外にもその名が轟き、長岡市民も心待ちにしている「長岡まつり大花火大会」。信濃川の上空に圧倒的な...

今年もまた花火の季節がやってきます。新潟県外にもその名が轟き、長岡市民も心待ち...

2017.07.26

続きを読む

What is “a value of store” that survives in the internet ag...

What is “a value of store” that s...

これは海外向けに、過去に公開した記事、ネット時代に生き残る“店舗の価値”とは? 街の老舗模型店「龍文堂」の魅力を英語訳したものです。   ...

これは海外向けに、過去に公開した記事、ネット時代に生き残る“店舗の価値”とは? 街...

2017.07.22

続きを読む

見渡す限りの海と空!水平線に夕日が沈む和島オートキャンプ場で最高の夏時間を

見渡す限りの海と空!水平線に夕日が沈む和島オ...

梅雨もほぼ明け、いよいよ本格的にキャンプシーズンの到来です。行き先候補としてぜひチェックしてほしいのが、新潟県長岡市和島(わしま)にある...

梅雨もほぼ明け、いよいよ本格的にキャンプシーズンの到来です。行き先候補としてぜ...

2017.07.19

続きを読む

狙うは学生ロボコンの頂点。長岡技科大の挑戦を追った

狙うは学生ロボコンの頂点。長岡技科大の挑戦を...

「ロボコン」と呼ばれる、日本全国の技術者の卵たちがロボット競技の日本一をかけて戦う大会がある。その中でも、1991年にスタートした...

「ロボコン」と呼ばれる、日本全国の技術者の卵たちがロボット競技の日本一...

2017.07.17

続きを読む

“The crashing of bull’s horns” in Yamakoshi.The most well-k...

“The crashing of bull’s horns” in...

これは海外向けに、過去に公開した記事、山古志「牛の角突き」名物男が教えてくれた”MC勢子”誕生の経緯と観戦のツボを英語訳したものです。 R...

これは海外向けに、過去に公開した記事、山古志「牛の角突き」名物男が教えてくれた”...

2017.07.10

続きを読む

レーメン、アイスキャンディー、ソフトクリーム…定番なのに一味違う!...

レーメン、アイスキャンディー、ソフトクリーム&...

新潟県長岡市には、暑くなってくると誰もが必ず思い出すといっても過言ではない「夏の味」があります。それが、「美松」のレーメンと「川西屋」の...

新潟県長岡市には、暑くなってくると誰もが必ず思い出すといっても過言ではない「夏...

2017.07.07

続きを読む

“Bringing the taste of Sake to every corner of the world .” A young Ja...

“Bringing the taste of Sake to every corner ...

これは海外向けに、過去に公開した記事「“SAKE”を世界の食卓に!ドバイの若き日本人ソムリエが夢見る日本酒の未来」を英語訳したものです。 ...

これは海外向けに、過去に公開した記事「“SAKE”を世界の食卓に!ドバイの若き日...

2017.07.06

続きを読む

家庭料理での素朴なおもてなし、地域のよさが体験できる「長岡の民宿・民泊6...

家庭料理での素朴なおもてなし、地域のよさが体...

素朴なおもてなしが魅力の民宿・民泊。自然の豊かさや田舎料理を堪能でき、まるで実家に帰ったかのようにほっとできる安心感が、いま様々な角度か...

素朴なおもてなしが魅力の民宿・民泊。自然の豊かさや田舎料理を堪能でき、まるで実...

2017.06.27

続きを読む

な!ナガオカ作成の『錦鯉』と『日本酒』のPR誌をネットで公開中

な!ナガオカ作成の『錦鯉』と『日本酒』のPR誌...

新潟県長岡市では、『錦鯉』と『日本酒』という魅力を市外にも広く発信するため、それぞれをPRするリーフレットと冊子を発行しました。おかげさま...

新潟県長岡市では、『錦鯉』と『日本酒』という魅力を市外にも広く発信するため、そ...

2017.06.14

続きを読む

”長岡の本当の姿”を知ってる?「長岡=○○な街」これがファイナルアンサー!

”長岡の本当の姿”を知ってる?「長岡=○○な街」...

※この記事は2017年1~2月に「な!ナガオカ」が主催した「視点の学校」ワークショップにて、長岡造形大学の学生が作成したものです。   この記...

※この記事は2017年1~2月に「な!ナガオカ」が主催した「視点の学校」ワークショップ...

2017.06.07

続きを読む

空き家ギャラリー仕掛け人が語る。「場」の始まりと終わりと続く人の繋がり

空き家ギャラリー仕掛け人が語る。「場」の始ま...

※この記事は2017年1~2月に「な!ナガオカ」が主催した「視点の学校」ワークショップにて、長岡造形大学の学生が作成したものです。   新潟県...

※この記事は2017年1~2月に「な!ナガオカ」が主催した「視点の学校」ワークショップ...

2017.05.15

続きを読む

MoMA永久所蔵品の傑作が作られる場所。籐家具の名品を生み出すワイ・エム・...

MoMA永久所蔵品の傑作が作られる場所。籐家具の...

籐家具を使ったことがありますか? 東南アジアなど熱帯・亜熱帯地域に自生するラタン、日本では籐(とう)とも呼ばれるヤシ科のつる性植物を素材...

籐家具を使ったことがありますか? 東南アジアなど熱帯・亜熱帯地域に自生するラタ...

2017.05.09

続きを読む

この街を出ていく人へ――かつて故郷を捨てた女社長が描く“希望の街”とは・後編

この街を出ていく人へ――かつて故郷を捨てた女社...

弱冠37歳にして、長岡市で商業プロデュース、事業コンサルティング、起業・ 独立などの支援アドバイスと併せて花屋、レストランなどを運営する合同...

弱冠37歳にして、長岡市で商業プロデュース、事業コンサルティング、起業・ 独立など...

2017.05.02

続きを読む

この街を出ていく人へ――かつて故郷を捨てた女社長が描く“希望の街”とは・前編

この街を出ていく人へ――かつて故郷を捨てた女社...

「いいよ、私の顔は。まだ少し慣れてないというか……どうしていいかわからないから」 まだ寒さの残る新潟から、少しずつ冬の匂いが消える頃。何度か...

「いいよ、私の顔は。まだ少し慣れてないというか……どうしていいかわからないから」 ...

2017.05.01

続きを読む

もっと読む

人気タグで検索する

ページトップへ