な!ナガオカ

長岡花火がきれいに見える“絶好スポット”、地元民が教えます!

メイン写真軽め
まつり長岡長岡花火
まつり長岡長岡花火
2016年 7月 29日 | な!ナガオカ スタッフ

毎年8月2・3日に開催される「長岡まつり大花火大会」は2日間で2万発もの花火が打ち上がり、全国から100万人以上の観客が集まる一大イベント。Yahoo!の調査する「有名花火師が選ぶ花火大会厳選10選」(2015、16年)、「みんなで選ぶ人気投票ランキング」(2015年)で首位を獲得するなど、国内屈指の人気を誇る花火大会です。

その人気ゆえ、とにかく大混雑する長岡花火。「せっかくだから、なるべくストレスのない環境で見たい」「昨年とは違う場所から見てみたい」……そんなことをお思いの方も多いのではないでしょうか。花火大会のメイン会場は信濃川にかかる長生(ちょうせい)橋から大手大橋の間ですが、実は、それ以外にも隠れたビューポイントがあるのです。長岡花火をまた違った角度から楽しむには、地元に暮らす人たちに聞くのが一番! というわけで、今回は長岡市で地域活動や市民活動のサポートを行う「ながおか市民協働センター」と長岡市のコミュニティFM「FMながおか」が協働して調査した、地元民オススメの長岡花火ローカルビューポイントを、実際に教えてくれた方の声とともにご紹介します!

 

長岡まつり大花火大会会場案内図

▲会場図(長岡まつり大花火大会公式サイトより引用)

 

長生橋の上流

長岡花火の名物「正三尺玉」。大正15(1926)年に長岡で初めて打ち上げられた、長岡花火の代名詞ともいえるものです。実に上空600mまで到達し、夜空に直径約650mの大輪の華を咲かせます。そんな正三尺玉の打ち上げ場所は長生橋から少し上流に向かったあたり。長生橋の近くに無料観覧席もありますが、当日の状況により入場を制限する場合があるようです。混雑を避けたい場合はフェニックス大橋側に移動してみましょう。

 


「長生橋~大手大橋は避け、長生橋からフェニックス大橋の方によく行きます。
意外と当日行っても座れたりします。
ナイアガラは諦めますが、花火の近さはいいですよ。」
(おもちちゃんさん)


 

2708-4

長生橋のシルエットが浮かび上がる様も美しいですね。

このエリアでは「さいわいプラザ」(旧長岡市役所)(→Map)もビューポイントとしておすすめする声がありました。

 


「以前、川東地区に住んでいた時には、自転車に乗って
当時の幸町の市役所(現・さいわいプラザ)の裏側へ行って見ていました。
ちょっとした広場で、綺麗だし三尺玉は近くで上がって、
さほど混雑してなくて お気に入りの場所でした(^^)。」
(ももこさん)


 

 

大手大橋の下流

大手大橋の下流には、有料の「フェニックス観覧席」があります。フェニックス(不死鳥)とは、2004年10月23日に発生した中越大震災からの復興の願いをその名にこめた花火。開花幅は約2kmにもおよび、実はその全貌はメインの長生橋~大手大橋から見ていては視界に収まりきらないのです! そこで、こちら、大手大橋のやや下流エリアから見るのが通のコツ。このあたりは長岡駅側の「右岸」、長岡IC側の「左岸」共に無料席が広く用意されています。

また、少し離れた所にある「水道公園」(→Map)もなかなかのビューポイントのようです。最近は人気が出てきて混雑してきたとか。

 


「数年前に水道公園に一度行ったことがあります。
自転車で行けるのが嬉しいです。」
(しろたんさん)


 


「水道公園付近オヌヌメです(`_´)ゞ
毎年、近くの田中組さんトコで出店させてもらってます。」

水道公園

(多幸坊主さん)


 

 

長岡大橋の歩道~さらに下流も

大手大橋から一つ下流。国道8号バイパスの道路橋梁である「長岡大橋」(→Map)も思わぬビューポイントなんだとか。

 


「こちらの写真は長岡大橋の歩道から撮ったものです。
信濃川の水面に花火が反射する姿がいいな~なんて思いながら観ていました。」

長岡大橋歩道2

長岡大橋歩道1

(Mさん)


 

日本最長の大河・信濃川と、ダイナミックに開けた越後平野のおかげで長岡の空はとても広いので、かなり遠くからも花火が見えます。信濃川下流の川沿いには、椅子を並べて遠くから花火を楽しんでいる地元の人々の姿もたくさん。

今回の調査では、なんと25km以上も離れたスポットに関する地元民の声も寄せられました!

 


「長岡市外ですが、場所は三条市直江町(すぐえちょう)の国道8号線「直江1」交差点の
歩道橋の上(→Map)からも、長岡方面を見ると小さくですが花火が見えます。
私はFMながおかの中之島局が聞けるので、ラジオと共に楽しむことにしています。
ちなみに歩道橋の反対方向で地元の『三条夏まつり』の花火も見えるのです!」
(ながおかファン!!さん)


 

 

長岡IC周辺

ちょっと離れた場所からゆっくりと花火を眺めたい人におすすめなのが、右岸(長岡駅側)、左岸(長岡IC側)の高台から眺めるスポットです。まずは左岸からご紹介。

 


「長岡花火ほど広範囲に観ることのできる花火大会も全国的に稀ではないでしょうか!
そんな中でも比較的真ん中の場所、長岡ICより少し西側、市立総合支援学校付近からの
フェニックス花火の写真です。長岡の花火の素晴らしさは離れていても
FMながおかさんがきちんと音声中継してくれているということです!
花火 は離れると音が……とよく言われますが、なんのなんの!
ちゃんとリアルタイムな音も伝わってきます。
遠方から来られた方にも持参した音をおすそ分けしながら、
コミュニケーションもしながらの長岡花火もGOODですよ(#^^#)。」
長岡IC周辺

(Mさん)


 

長岡IC周辺のエリアの日越(ひごし)にあるロングライフセンター(→Map)では、花火を鑑賞するイベントが開催されています。チェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

東山エリア

続いて、右岸の高台といえば、長岡市栖吉(すよし)町にある東山周辺がおすすめです。

 


「少し離れた場所で楽しみたいという方には、
長岡市栖吉町にある東山ファミリーランド(→Map)のキャンプ場の
フリースペースがオススメ。人混みが苦手な方、いかがでしょうか?」

東山

(Kさん)


 


「市営牧場(→Map)の辺りから見下ろす花火は言わずと知れた観賞ポイントですね。
カメラマンの皆さん、ここからなら魚眼レンズを使わずともフェニックスが収まりますよ!
観覧の際は是非、ラジオを持ってどうぞ♪ 知らない人同士でも
ラジオを囲んで観ていると一体感が生まれてお惣菜の交換が始まります(笑)」
(Yさん)


 

遠くから眺める長岡花火もまた“おつ”なものです。

 

信濃川

以上、地元っ子おすすめの声でつくった「長岡花火のローカルビューポイント」、いかがでしたか? 「花火を見るために自宅にハシゴをつけた」という方も少なくないほど花火愛の強い長岡市民のおすすめだけに、きっとどこからもとびきり美しい花火が見られることでしょう。

長岡花火最大のウリはその「ロケーション」とも言われています。大型花火を次々と打ち上げられる信濃川河川敷会場の広さと、遠くからでも眺められる見通しの良さは長岡ならでは。ぜひ、生の長岡花火を見に足を運んで頂ければと思います! 

 

長岡まつり大花火大会
[会場]新潟県長岡市長生橋下流信濃川河川敷周辺
[日時] 2016年8月2日(火)・3日(水)19:20~21:10(予定) ※雨天決行。荒天の場合は未定
[お問い合わせ]0258-39-2221  長岡まつり協議会(長岡市まつり振興課内)
[HP] http://nagaokamatsuri.com/

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
ページトップへ