澄んだ水と空気、豊かな土壌で育まれた16の酒蔵を誇る酒どころ、新潟県長岡市。とりわけユニークな醸造の町「摂田屋」にある長谷川酒造は、江戸時代後期の天保13年(1842年)創業、175年の歴史を持つ蔵元です。 蔵元というと「男の世界」なイメージもあるかもしれませんが、同社の中心にいるのは、3人の女性たち──社長に代わって蔵を取り仕切る専務の長谷川葉子さん、営業部長として東京をベースに活動する長