酒どころの新潟県において最古の蔵元である「吉乃川」。創業470年余、信濃川水系の良質な水に恵まれ、冬場の厳しい気候風土を活かした淡麗なお酒を造り続けています。幅広い世代に日本酒をPRすべく、上越新幹線車内のシリーズ広告「東京新潟物語」や日本酒応援部活「吉乃川女子部」など数々のプロジェクトを展開してきた老舗蔵元が、この秋満を持してオープンしたのが観光施設「吉乃川 酒ミュージアム『醸蔵(じょうぐら)』